痛風の口コミ

痛風財団の公式サイト痛風でお悩みのあなたにおすすめサプリランキング


痛風の体験談の口コミレビュー


痛風歴20年!私の痛風の症状

 

初めて痛風になったのは今から20年ほど前、30を少し過ぎた頃でした。
夏だったと思いますが、庭の草刈りをして眠った翌朝、右足の親指の付け根が赤くはれていました。最初はあまり痛みを感じず赤く腫れているだけでしたので、草刈りの時に虫に刺されたものだと思っていましたが、だんだんと痛みが増してきて歩けなくなってしまいました。

 痛風という病気を知らなかったのでとりあえずは整形外科に行きました。捻挫か骨折をしていると思ったのです。レントゲンを撮っても異常がなかったので湿布薬を貰って帰ってきました。

 痛みは一週間ほど続き、寝返りも打てませんでいた。足に血が行くとズキズキ痛んで悲鳴をあげそうでした。一週間ほど過ぎて痛みが引くと、特に気にすることもなくまた普段通りの生活に戻りました。

 しかし、その後も同じようなことが続いたので友人に相談すると【痛風かもしれない】という事を教えてもらいました。それで次にまた痛みに襲われた時に内科に行って血液検査をしてもらったら尿酸値が10を超えていました。その時から尿酸を下げる薬をずっと服用しています。

 それでもいまだに足の親指に鈍痛を感じることはあります。耳たぶにしこりのようなものが出来ることもあります。尿酸結晶というものらしいです。尿酸値は6~8程度を推移していますが、歩けないほどの激痛はここ数年起きていません。

 

次の体験者ページへ>>

更新

昔は贅沢病と言われていた痛風も今や、食生活が激変し、誰でもなる可能性のある病気なりました。
激しい痛風発作に襲われないためにも、自分の尿酸値を知り、正しく尿酸をコントロールしていれば痛風は恐れる病気ではないのです。ぜひこのサイトをお役立て下さい。

治療・予防について


痛風の症状、予防や治療でお悩みの方におすすめなのが、毎日の食事と共に簡単に取り入れられるサプリメントです。
当サイトでは、アンケート調査から選ばれたオススメサプリを利用者の口コミ・痛風財団の評価を合わせてランキングでご紹介しております。

痛風症状・痛風治療の方へ【痛風の食事おすすめサプリランキング】