痛風の食事プリン体

痛風財団の公式サイト痛風でお悩みのあなたにおすすめサプリランキング


プリン体とは


 

近年、プリン体カットのビールがあたかも痛風予防になるかのような「キャンペーン」が行われ、俗説でプリン体があたかも痛風の元凶であるようなイメージが植え付けられています。 とんでもない「とばっちり」をプリン体は受けています。確かに、プリン体から尿酸が作られますが、プリン体の働きは、私たちの生命と直接かかわる重要な役割をになっているのです。
   すなわち、すべての生物は、細胞と呼ばれる最小単位から構成されていますが、私たち人の体は、およそ60兆にものぼる細胞から作られています。 この細胞は、いちばん外側の細胞膜、その内側にある細胞質、細胞の中心にある細胞核の3つの部分から構成されています。 この細胞の核には、核酸という物質が含まれており、重要な遺伝情報が内臓されています。この核酸がプリン体の原料です。
 私たちの体では、常に新陳代謝が行われています。新陳代謝とは、新しいものと古いものが入れ替わることです。細胞レベルでも日々、新しい細胞が作られる一方で、 古い細胞は分解されて体の外に捨てられています。細胞の核酸が分解されると、プリン体ができるのです。これがプリン体がつくられる1つの経路です。
 もう1つは、エネルギー代謝に伴う経路です。私たちの体では、ATP(アデノシン三リン酸)という物質が、運動、反応、代謝などのあらゆる活動のエネルギーとして 使われています。このATPがエネルギーに利用されると、一旦は分解され、通常は再び元のATPに合成されます。
 ところが、急激かつ大量にATPが使用された場合は、さらに分解が進んでプリン体に変化してしまうのです。こうした流れはATPのエネルギー代謝と呼ばれています。 激しい運動をしたあとは、尿酸値が上昇することが知られていますが、それは筋肉の新陳代謝が活発になり、ATPのエネルギー代謝が関係してプリン体が作られる為と考えられています。
 プリン体は、おもにこれら2つの経路で体の中でつくられます。またこれら以外に、食べ物によって体の中にプリン体が取り込まれるものもありますが、それはきわめてわずかでしかありません。

   

更新

昔は贅沢病と言われていた痛風も今や、食生活が激変し、誰でもなる可能性のある病気なりました。
激しい痛風発作に襲われないためにも、自分の尿酸値を知り、正しく尿酸をコントロールしていれば痛風は恐れる病気ではないのです。ぜひこのサイトをお役立て下さい。

治療・予防について


痛風の症状、予防や治療でお悩みの方におすすめなのが、毎日の食事と共に簡単に取り入れられるサプリメントです。
当サイトでは、アンケート調査から選ばれたオススメサプリを利用者の口コミ・痛風財団の評価を合わせてランキングでご紹介しております。

痛風症状・痛風治療の方へ【痛風の食事おすすめサプリランキング】