痛風の合併症-心臓病

痛風財団の公式サイト痛風でお悩みのあなたにおすすめサプリランキング



痛風の合併症 心臓病

 

心臓を冠の形のように取り巻き、心臓の筋肉《心筋》に血液を送って養っている血管は冠動脈と呼ばれます。冠動脈に動脈硬化が起こって血管の内腔が狭くなると心筋に血液が十分に補給されなくなり、心臓の働きが低下して、胸が締め付けられるような胸痛発作を起こすことがあります。それが狭心症です。さらに動脈硬化が進み、冠動脈がつまって血流が止まると心筋が死んで激痛がおこることがありますが、これが心筋梗塞です。これらは、血液の流れが悪くなることによって起こることから、虚血性心疾患と呼ばれています。
 狭心症が起こるときは胸が締め付けられるような息苦しさと胸痛が起こります。狭心症の発作は一過性で、ニトログリセリンなどを使えば抑えることが出来ます。 とはいえ、狭心症の患者さんは心筋梗塞の予備軍でもありますから、注意が必要です。 心筋梗塞になると死を予感するほどの激しい胸の痛みに苦しめられます。この場合はできるだけ早く医師による治療を受けるようにしましょう。
   虚血性心疾患の主な原因は動脈硬化です。健康な人の動脈の壁は弾力に富んだ筋肉の細胞からできています。ところが、この壁にコレステロールなどの脂肪がたまったり、弾力の乏しい線維が増えたりすると、動脈は硬く厚くなり、血栓ができて血液の流れが悪くなります。これが動脈硬化です。
 動脈硬化は年をとれば誰にでも起こる現象ですが、その程度には個人差があります。善玉のHDLコレステロールの減少、肥満、糖尿病、高脂血症など、痛風とも関係する色々な危険因子を沢山持っているほど、動脈硬化も進行します。最近では尿酸そのものが動脈硬化を促進する働きがあることも分かってきました。
 心理的・性格的な要因も無視できません。「せっかちでいつも時間に追われている、精力的に仕事に打ち込む、競争心が旺盛で攻撃的、怒りやすい」などの行動特性をA型行動パターンといい、虚血性心疾患の危険因子とされています。この場合のA型は血液型のA型とは全く関係がありません。このタイプの人は普段からストレスを抑えやすく、ストレスが交感神経を興奮させて、血圧の上昇や心拍数の増加を起こします。こんな状況ではさらにA型行動パターンをとれば、冠動脈への負担は高くなるばからりで、虚血性心疾患を誘惑しやすくなるわけです。






痛風の合併症一覧

更新

昔は贅沢病と言われていた痛風も今や、食生活が激変し、誰でもなる可能性のある病気なりました。
激しい痛風発作に襲われないためにも、自分の尿酸値を知り、正しく尿酸をコントロールしていれば痛風は恐れる病気ではないのです。ぜひこのサイトをお役立て下さい。

治療・予防について


痛風の症状、予防や治療でお悩みの方におすすめなのが、毎日の食事と共に簡単に取り入れられるサプリメントです。
当サイトでは、アンケート調査から選ばれたオススメサプリを利用者の口コミ・痛風財団の評価を合わせてランキングでご紹介しております。

痛風症状・痛風治療の方へ【痛風の食事おすすめサプリランキング】