痛風の合併症-脳血管障害

痛風財団の公式サイト痛風でお悩みのあなたにおすすめサプリランキング



痛風の合併症 脳血管障害

 

脳血管障害とは、脳の血管が障害されて起こる病気です。脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などがあります。通風の患者さんと関係がふかいのは脳梗塞です。 脳の血管で動脈硬化が進むと、血液の内腔が狭くなって血液の流れが悪くなり、血栓ができて血管がつまることがあります。すると、そこから先の組織が懐死を起こし、機能しなくなります。これが脳梗塞です。脳梗塞を起こすと、頭痛やめまいのほかに、手足のマヒやしびれなどの症状が現れ、意識を失うこともあります。
 脳梗塞の原因は、肥満、糖尿、高脂血症、高血圧などによる動脈硬化、高尿酸血症などによる血液の粘性化、凝固性の亢進などが指摘されています。痛風や高尿酸血症の患者さんも脳梗塞を起こしやすいと考えられています。心筋梗塞を起こしたことがある人は血栓ができやすく、これが脳の血管をつまらせると脳梗塞が起こります。






痛風の合併症一覧

更新

昔は贅沢病と言われていた痛風も今や、食生活が激変し、誰でもなる可能性のある病気なりました。
激しい痛風発作に襲われないためにも、自分の尿酸値を知り、正しく尿酸をコントロールしていれば痛風は恐れる病気ではないのです。ぜひこのサイトをお役立て下さい。

治療・予防について


痛風の症状、予防や治療でお悩みの方におすすめなのが、毎日の食事と共に簡単に取り入れられるサプリメントです。
当サイトでは、アンケート調査から選ばれたオススメサプリを利用者の口コミ・痛風財団の評価を合わせてランキングでご紹介しております。

痛風症状・痛風治療の方へ【痛風の食事おすすめサプリランキング】